一般財団法人 国際有機化学財団 IOCF

menu

代表理事挨拶

一般財団法人国際有機化学財団は国際的有機化学分野の学術的発展に寄与することを目的として平成24年8月23日に設立されました。

具体的には、
(1)3年毎に開催される国際有機化学京都会議(IKCOC)に対する助成
(2)国際的な有機化学・合成化学に関する講演会、市民講座等の開催
(3)財団の目的達成のために必要なその他の事業 を行うことにしております。

代表理事 吉田 善一

第1回国際有機化学京都会議(IKCOC)は、1979年近畿化学協会の合成部会長であった小生らが中心になって開催しました。その後回を重ねる毎に順調に発展し、現在では参加者が1000名を超えるようになり、有機化学の分野において世界で最も注目すべき国際会議との評価を得るに至っております。このように成長したIKCOCを永続的に開催することは極めて重要であり、これを可能にするべく本財団が支援をしていきたいと考えております。

またこれと平行して、外国の著名な有機化学者の講演会等を行い、広く若い研究者の育成に貢献したいと考えております。

有機化学・合成化学に関わる方々のご支援により本財団がますます発展し、わが国の将来の学術・技術の進展に貢献することを期待しております。